交通事故問題は弁護士 三輪陽介へ

交通事故の相談は名古屋の弁護士三輪総合法律事務所

TEL:052-533-2666
受付時間:平日10:00~18:00 休日:土日祝

メールによるお問い合わせ

TEL:052-533-2666

メールによるお問い合わせ

弁護士について/ About lawyer

交通事故において弁護士に依頼するべき理由

弁護士に依頼するべき理由とは?

「万一交通事故に遭遇しても、相手方の加入している保険が補償してくれるはず。」と安心している人は多いです。
しかし、加害者が自賠責保険や任意保険に未加入であるケースや、重大事件や複雑な事件など、一般の方では解決が難しい事案が少なくありません。
当事務所では、こうした複雑な問題が絡む交通事故事案を中心に、被害者やご家族の方々にとって、法律の専門家として最も適切な解決策を提案しています。

また、重大事件(死亡事案、遷延性意識障害、重度脊髄損傷、びまん性軸索損傷、高次脳機能障害など)、自賠責保険の基準と裁判基準との差が大きく、保険会社に払い渋りが起きやすい事件では、示談では解決できず、裁判までもつれ込むことが非常に多くあります。

当事務所では、豊富な最新データをもとに、類似の事例と比較検討し、依頼者の皆様に、裁判の見込みを丁寧にご説明するとともに、最も有利な解決方法を模索し、検討をしていきます。

是非、ご相談下さい。

 

損害賠償が増える可能性があります

1診断書等の書類や医療検査のチェックが不十分である可能性

治療費、逸失利益、慰謝料その他賠償金に関わる項目をくまなくチェックし、要修正箇所を正します。
医師の診断書や警察の実況見分調書などを、豊富な解決実績と医学的専門知識のある弁護士が詳細にチェックし、検討します。ミスや見落とし、その他要修正箇所が見つかることがかなりあります。

チェックする書類の例
  • 保険会社に提出した各種記録(診療報酬明細等)
  • 保険会社の保険料算定書類
  • 被害者の損失利益の算出法
  • 警察・検察の刑事記録
  • 医師の診断書、カルテ

要修正箇所の例
  • 治療費などの請求漏れ
  • 自賠責基準での算定
  • 後遺症、失業などによる逸失利益の計算に漏れや不備
  • 被害者の過失割合が事実より高い
  • 記載漏れ、検査漏れ
2賠償金が保険会社の低い基準で算出されている可能性

保険会社の提示する賠償金は、“自賠責基準” なみに抑えたいわば最低限度額です。保険会社は自社の利益しか考えていません。
一方、最も高い“裁判基準” は、裁判所でほぼ確立された算定基準です。金額算出には、弁護士の厳密な立証能力が要求されますが、裁判に持ち込まなくても、弁護士の交渉力しだいで“裁判基準” の金額を示談でも受け取ることも可能です。

3交通事故のプロ“保険会社” の言われるがままに和解してしまう可能性

あなたが本来受け取るべき適正な賠償金を獲得するために、弁護士が保険会社と交渉をします。
被害者の立場から取り組んできた「三輪陽介相談事務所」ならではの豊富な経験とノウハウを基に交渉をすすめ、あなたが被った「損害」の賠償をくまなく請求します。

—— 弁護士費用が心配ですか?

  • 当事務所では、弁護士費用は保険金の入金後の支払いです。
  • 相談料0円、着手金0 円で初期費用は負担せずにすみます。
  • なお、弁護士費用特約の保険に加入していれば、保険会社が弁護士費用を負担し、ご自身の負担はありません。

(なお、別途異なる弁護士費用の体系となります)

弁護士費用特約
ご加入の自動車保険に付いていれば、賠償請求の弁護士費用は保険会社が負担します(限度額有り)。

無料サービスで相談しやすい!
「三輪陽介相談事務所」へお気軽にご相談ください。

入通院慰謝料Quick診断

フォームに数字を入力いただくと、入通院の慰謝料をお手軽・簡単に即算出!

詳しくはこちら

損害賠償診断フォーム

必要事項を記入の上、送信いただくと弁護士 三輪陽介が概算を診断・お答えします!

詳しくはこちら

全国出張法律相談

重度の後遺障害に見舞われた被害者の皆様を対象に、全国へ出張相談を受付!

詳しくはこちら