交通事故の被害者になってしまったら弁護士 三輪陽介へ

交通事故の相談は名古屋の弁護士三輪総合法律事務所

TEL:052-533-2666
受付時間:平日10:00~18:00 休日:土日祝

メールによるお問い合わせ

TEL:052-533-2666

メールによるお問い合わせ

被害者になったとき

被害者になったときイメージ

自動車にひかれ入院した 、自動車に追突されムチウチになった 、バイクに引っ掛けられ転倒、怪我をした…

交通事故の被害者になった場合、弁護士に相談した方が良いのでしょうか?
交通事故被害者の立場での裁判や訴訟についてご説明します。

弁護士に相談する場合のアドバイス

弁護士に相談する場合は、下記についてメモを作っておくと相談がスムーズになります。

  • 事故発生の日時、場所
  • 事故の状況(自分の動きや相手方の動きを略図で)
  • 現在の状況(相手方と交渉しているがこじれている等交渉経過)
  • 疑問に思っている、相手方の対応に納得の行かない点
1保険会社に対抗できるのは専門家である弁護士です
被害者と交渉するのは、加害者本人では、交通事故を専門としている保険会社です。被害者の利益でなく会社の利益を優先させてきます。太刀打ちできるのは経験豊かな弁護士です。
事故後、弁護士と相談して早期に相談して方針を決定し、保険会社との間で示談交渉を行う必要があります。
2保険会社の基準は著しく低額
保険会社は「自社の基準では、これ以上は支払えない」と主張します。
保険会社の基準の多くは、最低ラインである自賠責基準並みであり、裁判所の基準ではありません。弁護士に依頼すれば、裁判所の基準で保険会社と交渉し、適正な損害賠償額を勝ち取ります。
3初期費用(相談料・着手金)は無料で負担がかかりません
弁護士は、保険会社の査定書の誤りを修正し、裁判所の基準で再査定をします。弁護士費用を支払っても、請求できる金額は格段に増額します。
なお当事務所は交通事故事案は初期費用は無料として完全報酬型を採用しており、回収できた金額からしか報酬をいただきません。

交通事故の被害者になったら、できるだけ早期の段階で弁護士に相談してください

事故直後に被害者側がとるべき行動

弁護士 三輪陽介

交通事故の被害に遭われてしまった方、そしてそのご家族・ご親族の皆様は、実は、被害者側から行動を起こさないと、加害者に有利な展開になってしまいがちです。
なぜなら、補償など金銭に関わる民事手続きでは、損害の具体的な内容や金額や立証責任を持つのは、被害者だからです。
交通事故に遭われて、悲しんだり、悔やんだりされる方は少なくないでしょう。そこで、自分は被害者なのだから、司法や保険会社が支えてくれて当然という気持ちも少なからずお持ちになるのではないでしょうか。
そこで、強い気持ちを持って、被害者の立場から積極的にアクションしていくことが大切です。私は全力であなたをサポートいたします。

1実況見分に立ち会う!!
事故後は怪我や入院のため移動が難しいことが、可能な限り警察による「実況見分」に立ち会うことが大切です。
交通事故に関する問題では、どのようにして事故が発生したのか…「事故態様」が重視されます。被害者側の落ち度に応じて、過失相殺されて損害の補償額も減ってしまいます。過失相殺は、警察の実況見分調書や供述調書が認定のための資料となっています。示談交渉、そして民事裁判では、それらの資料の内容が金額に大きく左右します。
通常、実況見分は加害者に対して行われるため、被害者が立ち会う場合には事前に申し出る必要があります。警察は、事故処理を進める上で、誘導的な質問をする場合がありますが、事実に基づいて自分の主張を貫くことが大切です。
2事故現場を写真で撮る!!
できれば事故直後、または実況見分の立ち会いの際に、現場を写真で撮っておいた方がよいでしょう。
実況見分調書には、事故現場の写真がない場合もあります。事故に関わる諸々の手続きについて、説明が足りずわかりにくいこと等あるかと思いますので、事故後はなるべく早くご相談ください。
交通事故に強い弁護士 三輪陽介が親身に対応し、あなたを全面的にサポートします
法律相談のご予約はこちらから:052-533-2666ご相談予約フォーム