交通事故に強い弁護士三輪総合法律事務所公式ホームページ

交通事故の相談は名古屋の弁護士三輪総合法律事務所

TEL:052-533-2666
受付時間:平日10:00~18:00 休日:土日祝

メールによるお問い合わせ

TEL:052-533-2666

メールによるお問い合わせ

よくあるご質問

よくあるご質問

よくあるご質問
Q1法律相談、着手金はいくらですか。
A
当事務所は、交通事故の被害に遭った皆様の救済の観点から、初回相談料は無料にて法律相談を受け付けています。
また着手金等の初期費用も無料として、事件解決時に成果があった時のみ弁護士費用を精算する完全報酬制度を採用しています。
ご安心してご相談をいただきたいと思います。
(なお、弁護士特約に加入の方の場合は、弁護士特約に費用を請求させていただきますので、ご依頼者様にご負担をいただくことはほとんどありません。)
Q2電話での法律相談は受付けていますか。
A
大変申し訳ありませんが、当事務所では、弁護士による電話相談は受け付けておりません。
ご面談させていただき、ご相談者様より事案をしっかり聴取した上で、アドバイスをさせていただきたいと思います。
 ご相談をご希望の方は、メールまたは電話(052-533-2666)にて、事前にご予約をいただいたうえで、当事務所にお越しいただき、法律相談をしていただくことをお願いしています。
Q3「保険会社の顧問をしていますか。」(保険会社と馴れ合って不利に事件を解決されそうで不安)
A
保険会社の顧問をしている弁護士は、自分の顧問先の保険会社を相手方とする事件を受けることはありません。
それほど心配する必要はないとは思いますが、依頼者の方からみれば不安だと思います。
しかし、当事務所は保険会社の顧問を一切しておらず、常に保険会社は事件の相手方です。馴れ合いはあり得ませんので、安心してご相談下さい。
Q4事件を依頼すると、打ち合わせや裁判で大変ではないですか?
A
弁護士に依頼すると、打ち合わせや裁判所への出廷などで大変なのではないか、負担となるなら早く示談した方がいいのではないか、と不安をもたれる方がよくいらっしゃいます。
しかし、通常、示談交渉の場合、ご依頼いただいた後は事務所にお越しいただくことはそれほど多くありません。また、裁判となった場合でも、弁護士が裁判所に出廷しますので、ほとんどの場合には依頼者の方に出廷する必要はありません。
皆様が思われるほど、大変ではないと思いますので、ご安心してご相談いただきたいと思います。
Q5事件後、どの時点で相談されるのが多いのでしょうか。またどの段階で相談するといいのでしょうか
A
症状固定時期(治療の終了時点)や等級認定手続が行われる段階で、今後の方針についてご相談をいただくことが多いです。
また保険会社から示談案が提示された場合に、示談金額が適正か否かの調査をご希望して、ご相談をいただく場合が多くあります。

ただ、相談時期については、早期に方針を決定すること、証拠収集にできるだけ早く着手することがよいため、事故後、できるだけ早く弁護士にご相談いただきたいと思います。

なお、当事務所では完全報酬制を採用していますので、受任期間・相談回数によって弁護士費用が高くなるということはありません。
できるだけ早くご相談いただきたいと思います。
Q6弁護士費用って高そう。
A
当事務所では、交通事故に遭われた被害者の皆様の救済の見地から、1回目は無料で法律相談を受け付けています。
また着手金等の初期費用も無料として、事件解決時に成果があった時のみ、受領した賠償金から、弁護士費用を精算する完全報酬制度を採用していますので、お客様にご負担はいただくことはありません。安心して弁護士に依頼できると思います。
Q7自宅が遠方なのですが依頼を受けてもらえるのですか。
A
当事務所では、遠方にお住まいのかたや、交通事故による障害のため不自由な生活を強いられている被害者の皆様、介護で手が離せない方のご家族の皆様のために、後遺障害等級1級から5級相当の皆様を対象に、東海地方・中部圏を中心として、全国出張法律相談サービスを実施しています。
当事務所では、初回相談料無料、着手金は無料、完全成功報酬制(弁護士費用は事件解決時に後払い)を採用していますので、安心してご相談いただきたいと思います。
Q8弁護士に相談する時、どのような準備をしておけばいいですか。
A
弁護士に相談する場合は、以下について事前にメモを作っていただけると、相談がスムーズとなります。
・ 事故発生の日時、場所
・ 事故の状況(自分の動きや相手方の動きを略図で)
・ 現在の状況(相手方と交渉しているがこじれている等交渉経過) 
・ 疑問に思っている、相手方の対応に納得の行かない点

また以下の資料をお持ちの場合は、ご持参いただけますと、より的確な回答をすることができます。

【事故状況についての資料】
・ 交通事故証明書
・ 刑事記録(実況見分調書、公判記録等)

【損害額等についての資料】
・ 保険会社から送付された賠償額の計算書 ・ 後遺障害等級認定票
・ 保険会社から送付された賠償額の計算書
・ その他保険会社に提出した書類の写し(通院交通費明細書、休業損害証明書等)
Q8保険会社から提示された示談金が、適正かどうか調べたいのですが。
A
ご相談にお越しいただければご回答をさせていただきますが、当事務所では無料の「損害賠償金診断サービス」も実施していますので、是非こちらもご利用ください。