交通事故に関してのお問い合わせは弁護士 三輪陽介へ

交通事故の相談は名古屋の弁護士三輪総合法律事務所

TEL:052-533-2666
受付時間:平日10:00~18:00 休日:土日祝

メールによるお問い合わせ

TEL:052-533-2666

メールによるお問い合わせ

交通事故について/ About Trafic Accident

脊柱及び体幹骨の後遺障害について

脊柱とは頭蓋骨から尾骨まで延長している脊椎の連続で、脊椎を支え可動性のある骨の枠を形成しているものです。
交通事故により脊柱に外力が加わると、脊柱を構成する脊椎を損傷し、その結果四肢麻痺をはじめとする重篤な後遺障害が発生することが多くあります。
脊柱では圧迫骨折、 破裂骨折、脊柱の変形、運動・過重障害が、その他体幹骨では、鎖骨、胸骨、助骨、肩甲骨、骨盤骨の変形による後遺障害があります。

①脊柱の障害

  • 1. 変形障害
等級 脊柱の変形障害 労働能力喪失率
6級5号 脊柱に著しい変形を残すもの 67%
8級2号 脊柱に中程度の変形を残すもの 45%
11級7号 脊柱に変形を残すもの 20%

脊柱に著しい変形を残すもの、および脊柱に中程度の変形を残すものは、脊柱の後弯または側弯の程度により認定がなされ、脊柱の側弯の程度は、「コブ法 による側弯度で判定がなされます。

「コブ法」とは脊柱のカーブの頭側及び尾側において水平面から最も傾いている脊椎を求め、頭側と尾側の各椎体の上縁と下縁の延長線が交わる角度、側弯度を測定する方法をいいます。

  • 2. 運動障害
等級 脊柱の変形障害 労働能力喪失率
6級5号 脊柱に著しい運動障害を残すもの 67%
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの 45%

②その他体幹の障害

等級 その他体幹の障害 労働能力喪失率
12級5号 鎖骨、胸骨、助骨、肩甲骨または骨盤骨に著しい変形を残すもの 14%
交通事故に強い弁護士 三輪陽介が親身に対応し、あなたを全面的にサポートします
法律相談のご予約はこちらから:052-533-2666ご相談予約フォーム