交通事故に関してのお問い合わせは弁護士 三輪陽介へ

交通事故の相談は名古屋の弁護士三輪総合法律事務所

TEL:052-533-2666
受付時間:平日10:00~18:00 休日:土日祝

メールによるお問い合わせ

TEL:052-533-2666

メールによるお問い合わせ

交通事故について/ About Trafic Accident

車載カメラの重要性

車載カメラとは

車載カメラ

車載カメラは、車内、特に運転席全面のバックミラー付近に設置し、運行中は常時進行方面の映像を撮影するもので、万が一の事故の際などにその状況を映像として記録しておくことができます。ドライブレコーダー、ドライブカメラなどとも呼ばれます。
公共交通機関(バスなど)やタクシー会社が設置を進めていますが、近年では手軽に手に入る機種も増え、個人の方でも設置をされる方が非常に多くなりました。
この記録画像を解析することにより、事故の様態や原因を究明するための科学的・客観的な資料となります。
目撃証言や防犯カメラの映像などがあればよいですが、なかなかそのような証拠は残っていないのが通常です。
特に客観的な証拠が少ない公道での事故について、車載カメラの映像が裁判で責任原因や過失割合の主張の際に大いに役立つことになります。

車載カメラの役割

事故原因に双方で争いがある場合、例えば、信号無視をしてきた車との接触事故で、相手が自分と異なる証言をしたとしても、映像に信号機の色が記録されていれば、過失の有無は一目瞭然です。
また仮にどちらかが死亡してしまった場合は、残った一方側からしか証言をとれず、警察が作成する実況検分調書には、意図的に偽った情報だけが記載される可能性すらあります。
その際に、映像として状況を正確に検証できれば、トラブルも最小限に抑えられ、示談や裁判でも無駄な争いがなくなります。
特に過失割合が問題となるケースでは、ビデオカメラが常置されている駐車場は別として、客観的な証拠が少ないことがほとんどです。
示談や裁判の際に、あなたの助けになる可能性も高いので、是非導入をおすすめします。

交通事故に強い弁護士 三輪陽介が親身に対応し、あなたを全面的にサポートします
法律相談のご予約はこちらから:052-533-2666ご相談予約フォーム