交通事故に関してのお問い合わせは弁護士 三輪陽介へ

交通事故の相談は名古屋の弁護士三輪総合法律事務所

TEL:052-533-2666
受付時間:平日10:00~18:00 休日:土日祝

メールによるお問い合わせ

TEL:052-533-2666

メールによるお問い合わせ

交通事故について/ About Trafic Accident

上肢・手指の後遺障害について

①上肢の障害

上肢の後遺障害としては、切断、骨折、脱臼、神経麻痺などによって、欠損障害、機能障害、変形障害があります。

  • 1. 上肢の欠損障害

上肢の欠損障害とは、上肢の一部を失うことであり、ひじ関節以上か手関節以上か、それが両上肢に生じたか、一方の上肢に生じたかによって等級が認定されます。

等級 上肢の欠損障害 労働能力喪失率
1級3号 両上肢をひじ関節以上で失ったもの 100%
2級3号 両上肢を手関節以上で失ったもの 100%
4級4号 1上肢をひじ関節以上で失ったもの 92%
5級4号 1上肢を手関節以上で失ったもの 79%

「上肢をひじ関節以上で失ったもの」とは、肩関節において肩甲骨と上腕骨を離断したもの、肩関節とひじ関節との間において上肢を切断したもの、ひじ関節において、小腕骨と橈骨及び尺骨とを離断したものをいいます。
「上肢を手関節以上で失ったもの」とは、ひじ関節と手関節との間において上肢を切断したもの、手関節において橈骨及び尺骨と手根骨とを離断したものをいいます。

  • 2. 上肢の機能障害

上肢の機能障害とは、肩・肘・手の三大関節の動きの障害であり、その程度及び障害が両上肢に生じたか、一方の上肢に生じたかによっ て等級が認定されます。

等級 上肢の機能障害 労働能力喪失率
1級4号 両上肢の用を全廃したもの 100%
5級6号 1上肢の用を全廃したもの 79%
6級6号 1上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの 67%
8級6号 1上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの 45%
10級10号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの 27%
12級6号 1上肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの 14%

「上肢の用を廃したもの」とは、3大関節(肩関節、ひじ関節及び手関節)の全てが強直し、かつ手指の全部の用を廃したものをいいます。上腕神経叢の完全麻痺もこれに含まれます。

「関節の用を廃したもの」とは、

  1. 関節が強直したもの
  2. 関節の完全弛緩性麻痺またはこれに近い状態にあるもの
  3. 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうちその可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもののいずれかにあたることをいいます。
「関節の機能に著しい障害を残すもの」とは、
  1. 関節の可動域が健側の可動域角度の1/2以下に制限されているもの
  2. 人工関節、人工骨頭を挿入置換した関節のうち、上記「関節の用を廃したもの」のiii以外のもの のいずれかにあたることをいいます。

「関節の機能に障害を残すもの」とは、関節の可動域が健側の可動域角度の3/4以下に制限されているものをいいます。

なお、上肢・下肢に共通しますが、捻挫などで可動域が悪くなったというように骨折などの器質的な損傷を伴わない場合は、機能障害は認められません。
他方で、骨折をしたところがうまくくっつかなかった場合、可動域の制限が発生したり、痛みが発生しますので、このような場合は機能障害として認められやすいです。

②手指の障害

  • 1. 手指の欠損障害
等級 手指の欠損障害 労働能力喪失率
3級5号 両手の手指の全部を失ったもの 100%
6級8号 1手の5の手指または親指を含み4の手指を失ったもの 67%
7級6号 1手の親指を含み3の手指を失ったものまたは親指以外の4の手指を失ったもの 56%
8級3号 1手の親指を含み2の手指を失ったものまたは親指以外の3の手指を失ったもの 45%
9級12号 1手の親指または親指以外の2の手指を失ったもの 35%
11級8号 1手の人差し指、中指または薬指を失ったもの 20%
12級9号 1手の小指を失ったもの 14%
13級7号 1手の親指の指骨の一部を失ったもの 9%
14級6号 1手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの 5%

各指は、親指、人差し指、中指、薬指、小指と呼びます。
親指の関節は、指先に近い方から、IP、MCP、その他の指は指先に近い方から、DIP、PIP、MCPと呼びます。
手指を失ったとは、親指で IP より先、その他の指では PIP より先を失ったことをいいます。

  • 2. 手指の用廃
等級 手指の用廃 労働能力喪失率
4級6号 両手の手指の全部の用を廃したもの 92%
7級7号 1手の5の手指または親指を含み4の手指の用を廃したもの 56%
8級4号 1手の親指を含み3の手指の用を廃したものまたは親指以外の4の手指の用を廃したもの 45%
9級13号 1手の親指を含み2の手指の用を廃したものまたは親指以外の3の手指の用を廃したもの 35%
10級7号 1手の親指または親指以外の2の手指の用を廃したもの 27%
12級10号 1手の人差し指、中指または薬指の用を廃したもの 14%
13級6号 1手の小指の用を廃したもの 9%
14級7号 1手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することができなくなったもの 5%

手指の全部の用を廃したものとは、親指ではIPより先、その他の指ではPIPより先の2分の1以上を失ったもの、また親指ではIP・MCPのいずれかに正常可動域の2分の1以下に制限されたものをいいます。

交通事故に強い弁護士 三輪陽介が親身に対応し、あなたを全面的にサポートします
法律相談のご予約はこちらから:052-533-2666ご相談予約フォーム