交通事故に関してのお問い合わせは弁護士 三輪陽介へ

交通事故の相談は名古屋の弁護士三輪総合法律事務所

TEL:052-533-2666
受付時間:平日10:00~18:00 休日:土日祝

メールによるお問い合わせ

TEL:052-533-2666

メールによるお問い合わせ

交通事故について/ About Trafic Accident

首の後遺障害(いわゆるムチウチ)について

頸椎の脱臼や骨折などの骨傷や頸髄損傷を伴わない外傷性頸部症候群(頸椎捻挫、頸部挫傷)については、将来においても回復が見込めない症状であることが医学的に証明・説明できる場合には「神経系統の機能または精神」の障害として評価されます。
なお、外傷に起因する心因的反応による症状は、精神医学的治療をもっても治癒しなかったものについては、
「外傷性神経症」として外傷性頸部症候群とは異なる評価をします。
また頸椎の脱臼や頸髄損傷を伴う場合には、「神経系統の機能または精神/脊髄の障害」「脊柱およびその他体幹の障害」により評価します。

外傷性頸部症候群(頸部捻挫、頸部挫傷)

等級 外傷性頸部症候群(頸椎捻挫、頸部挫傷) 労働能力喪失率
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの 14%
14級9号 局部に神経症状を残すもの 5%

12級13号の「局部に頑固な神経症状を残すもの」とは、外傷性頸部症候群(頸椎捻挫、頸部挫傷)に起因する頭頸部や上肢、背部に残存する症状が神経学的検査所見や画像所見などの他覚所見により、医学的に証明しうるものが該当します。

14級9号の「局部に神経症状を残すもの」とは、神経学的検査所見や画像所見などから証明することはできないが、受傷時の状態や治療の経過などから連続性・一貫性が認められ説明可能な症状であり、単なる故意の誇張でないと医学的に推定されるものが該当します。

後遺障害認定基準

外傷性頸部症候群(頸椎捻挫、頸部挫傷)については、

  1. 症状の存在を医学的に証明可能か
  2. 受傷時の状態・治療の経過などからその妥当性が判断できるか

の2点を前提に等級認定がなされます。

外傷性頚部症候群(頚椎捻挫、頚部挫傷)の検査方法

外傷性頚部症候群(頚椎捻挫、頚部挫傷)の検査方法には、「スパーリングテスト」、「徒手筋力検査」、「ジャクソンテスト」などが行われます。

交通事故に強い弁護士 三輪陽介が親身に対応し、あなたを全面的にサポートします
法律相談のご予約はこちらから:052-533-2666ご相談予約フォーム