オフィスに来れない方へ オンライン法律相談実施中

RESULT

高次脳機能障害 示談交渉

高次脳機能障害で後遺障害等級7級を獲得し示談した件

国道の信号のある交差点において青信号で自転車で横断歩道を走行していたところ、右折してきた自動車と衝突した事案です。後遺障害の認定手続及び示談交渉についてご依頼をいただきました。

高次脳機能障害で後遺障害等級7級を獲得し示談した件
名古屋市 女性/20代/学生
傷病名
高次脳機能障害
後遺障害
7級

事故の概要・ご相談内容

信号のある交差点において青信号で自転車で横断歩道を走行していたところ、右折してきた自動車と衝突し、転倒しました。頭部を強くうち、これが原因で高次脳機能障害が発生してしまいました。当初はご自身で保険会社との対応をされていましたが、事故から約2年経過後の症状固定段階で当事務所にご相談をいただき、後遺障害等級の認定手続、示談交渉についてご依頼をいただきました。

弁護内容について

相談者様には高次脳機能障害を原因とする記憶障害、注意障害などの後遺障害が残りました。
そこでご家族に具体的な注意障害等のエピソード等を詳細に記載した陳述書をご用意いただき、後遺障害診断書等の資料と一緒に提出して後遺障害認定手続を行い、第7級を獲得することができました。
その後、損害額を算定した上で保険会社と示談交渉を行い、自賠責保険等からの支払いの他、3000万円を超える金額で和解をすることができました。

担当弁護士のコメント

三輪陽介
三輪陽介 弁護士

高次脳機能障害の立証にはご家族の協力が大切です

事故により高次脳機能障害が発生し、将来目標としていた職業につくことができなくなってしまった、本当に気の毒な事案です。
後遺障害の認定手続についてフォローを行い、後遺障害等級7級を獲得するとともに、逸失利益・慰謝料等の損害項目の全てについて裁判所の基準を目標として示談交渉を行い、上乗せをすることができました。                
記憶障害や注意障害、性格変化は、事故前のご本人の様子を知るご家族にしか分からないことが多いです。
高次脳機能障害は、事故後の性格変化や事故後の様子、必要な介護・見守りなどについてご家族の陳述書を提出して立証することが有用です。
お忙しい中、詳細な陳述書の作成にご協力をいただきましたご家族に、感謝を申し上げます。

相談料0円 着手金0円 完全成功報酬型

全国対応!オンライン法律相談実施中!