オフィスに来れない方へ オンライン法律相談実施中

INFORMATION

新着情報

家屋の改造費②

家屋の改造費②

交通事故により重度の後遺障害が残存した場合、被害者に日常生活上生ずる困難をできる限り少なくし、また介護をするご家族の負担をできるだけ少なくするために、元々居住していた自宅を障害者向け住宅のような構造に家屋を改築したり、移動に便利なようにバリアフリーにしたり、家族が介護をしやすくするため

詳しく見る

家屋の改造費①

家屋の改造費①

交通事故により重度の後遺障害が残存した場合、被害者が日常生活上生ずる困難をできる限り少なくし、介護をするご家族の負担をできるだけ少なくするため、障害者向け住宅のような構造に家屋を改築したり、移動に便利なようにバリアフリーや、介護をしやすくするため介護用リフトを設置することが必要となる場

詳しく見る

給与所得者の休業損害

給与所得者の休業損害

交通事故による傷病により、事故発生日から傷害の治癒(もしくは後遺障害における症状の固定時期)まで就労ができない場合、通常の就労ができないことにより生じる収入減少額を「休業損害」として請求することになります。 かかる「休業損害」は、受傷やその治療のために休業し、現実に喪失したと認められる

詳しく見る

好意同乗

好意同乗

他人の車両に無償で乗車していた場合で、自損事故などが発生した場合で同乗者が事故を起こした運転者や車両の保有者に損害賠償請求をする際、損害額全額ないし慰謝料の減額が認められるか、いわゆる「好意(無償)同乗」の問題についてお話をしたいと思います。 この点、「好意(無償)同乗」については、従

詳しく見る

転職直後で給与額が低い場合の基礎収入

転職直後で給与額が低い場合の基礎収入

交通事故により死亡事故が発生した場合、逸失利益(すなわち事故の被害者が事故にあわなければ得たであろう収入)の損害の請求をすることになります。   死亡による逸失利益は、「基礎収入(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数」にて算定されます。              

詳しく見る

後遺障害と近親者固有の慰謝料

後遺障害と近親者固有の慰謝料

 民法においては、被害者が交通事故などで死亡した場合、被害者の近親者(例えば被害者の父母、配偶者、子)には固有の慰謝料請求権が認められるとされています(民法711条)。   他方で、被害者に重大な後遺障害が残った場合については、死亡事案と異なり、民法上規定がないため、慰謝料が認められる

詳しく見る

全国対応!オンライン法律相談実施中!